卒業式の袴着用での注意点

袴のエチケット

卒業式の袴着用での注意点

卒業式の袴着用での注意点 卒業シーズンに良く見られるものに袴があります。
卒業式では多くの女子学生が着用をして式に出席をしており、これは、かつては女学生の制服が袴であったことから慣習として残っていることがその理由となっています。
袴は、一般的には男女を問わず日常的にはあまり使用されないことが多く、着用に関しては注意点を良く理解をしておくことが大切になります。
まず、椅子に座る場合には、シワが寄らないようにする必要があります。
ここでは浅く腰かけるようにし、両側の袖に関しては膝の上に折り畳むようにして置くようにします。
そして背筋を伸ばして座ることが大切になります。
次に車に乗る場合があります。
車に乗るときには荷物を先に乗せ、袖を左腕にかけるように持った後に座席に座り腰かけてから回転をして前を向くようにしますが、ここでは帯が潰れないように注意をする必要があります。
袴で特に注意が必要となるものに階段の昇り降りがあります。
慣れないために裾を踏んでしまい転倒につながることがあるために十分に注意をする必要があり、ここでは、昇るときには前側を少し持ち上げた状態にし、降りるときには後側を少し持ち上げることで引っ掛けずに行うことができます。
トイレに関しては、内部が筒状になっているためにロングスカートの要領で済ますことができ、この場合には裾と帯を間に挟むようにして行います。

とても便利な袴のレンタル

日本の伝統的な服装の1つに袴があります。
袴は、男性のイメージが強い着物として知られていますが、卒業式などでは多くの女子学生が学生最後の場として着用をして臨むことが多く、その姿は凛としたすがすがしいものとなっています。
袴を用意する場合には、これまでは、そのほとんどが購入をすることで自前で準備をすることが多くありましたが、現在においてはレンタルを活用することができ、ここでは、大きなサイズから長めのサイズ、小さなサイズまで自分に合った大きさのものを選ぶことができるようになっています。
また、レンタルショップでは流行のカラーから伝統的なものまで様々なものが用意してあるために、着用することで長く思い出に残せるものとなります。
レンタルの魅力は、まず、費用がリーズナブルな点があります。
ショップによっては必要となる小物等に関しても無料としているところもあり、ここでは追加費用なども発生しないシステムが提供されています。
返却時においてもクリーンニングをせずにそのまま返却をすればよく、面倒な手間をかけることなく使用できます。
また、近くにレンタルショップが無い場合には全国対応を行っているショップに依頼をすれば送料無料で届けてくれ、その多くは返却に関しても着払いで済ませることができるサービスが提供されています。

オススメの袴レンタルサイト

全国宅配の袴のレンタルサイトなので、卒業式の準備で忙しい中でも安心

袴 レンタル