卒業式の袴着用での注意点

袴のエチケット

先生の卒業式の袴は華やかに

先生の卒業式の袴は華やかに 卒業式では女性の先生は袴を着て生徒たちを送ります。
主役はあくまでも生徒たちなので、派手になりすぎず奥ゆかしさを出すことで華やかさを添えるのが良いです。
定番は紫や紺色の袴ですが、若い先生であればパステルカラーを選んでも高い評価を得られます。
淡くて華やかなイメージを持つパステルカラーは、春の桜や木々、明るい将来にピッタリです。
落ち着いた年齢になっている場合は、袴の色を抑えて上に合わせる着物の色合いを明るくすれば主役を邪魔しないで彩を加えられます。
学校が制服を採用していれば、紺色や黒を基調とした制服を卒業式で着ている可能性が高いので、ふんわりとした淡い色合いは生徒との集合写真の時にもコントラストになり美しいです。
卒業式は厳粛な雰囲気で行われるものですが、先生たちは正装である紋付羽織袴を着ることはありません。
卒業式では校長先生のみが正装で、その他の先生たちは準正装で参加するため、紋が入っていないものを着ます。

動きやすいほうが好きなら袴がおすすめ

和装には着物、袴、甚平、浴衣などいくつか種類がありますが、それぞれどう違うのかよくわからないという人も多いでしょう。
基本的に、浴衣や甚平はもともと部屋着なので記事が薄いです。
今はデザイン性の高いものも多いのでオシャレに外で着ることもできます。
しかし、帯のところではだけてきてしまうという欠点があるので、袴がおすすめです。
着物と違ってズボンのように仕切りのあるものもあります。
袴は動いても着崩れしにくいことを想定して設計されているため、着物よりも動きやすいです。
また着物のように生地が厚手で上品さもあるので、着物の代わりにもなります。
男性でも女性でも格好良く可愛らしさもあるので、最近は着物の代わりに袴を選択することも一般的です。
着物より動きやすく、デザインも男女どちらでも着れるものが多いので、あまりにも女性っぽくなりすぎるのが嫌な人にもおすすめです。
何より見た目のイメージ通り動きやすいので、安心して着られます。