卒業式の袴着用での注意点

袴のエチケット

男性の袴選びについて

男性の袴選びについて 袴と言えば卒業式や成人式に若い女性が着るのが定番になっていますが、これは明治時代の女学校で制服として採用された名残であって、本来は男性の正装であり、男女とも着ることができ、年齢制限もないものなのです。
袴は洋服でいうズボンに当たります。
かなり改まった場であれば羽織と着物と袴で着るのが正式ですが、あまり一般的ではなく、羽織はなしで着物と合わせるだけで充分です。
スカート状の行灯型は着物の上から履くのではきやすいですが、ズボン状の馬乗り型の方が男性の場合、普段のズボンと似通った部分があって動きやすくよいでしょう。
初心者は固めの仙台平よりやわらかい紬や御召が素材としてはおすすめです。
選ぶ際に最も重要なのはその丈です。
もともとは武士が武術を行なう際に刀を差すために使用していたものです。
丈の長いものを胸の辺りまで上げて着ていては本来の意味と違ってきますし、見た目もよくはありません。
帯の位置を調整した上で、足元はくるぶしが隠れるくらいのものを選びましょう。

袴であぐらは失礼にあたる?

一生のうちに袴を着る機会はそんなにないかと思いますが、成人式や卒業式など、限られた場では袴を着たりしますよね。
お世話になった先生方とそれを着たまま食事をすることもあるかと思いますが、そんなとき、あぐらをかくことは礼儀に値するのでしょうか。
まずはじめに結論からいってしまえば、失礼にはあたりません。
もちろん女性がしてしまうのは公的な場にふさわしいとは言えませんが、男性が和装である袴であぐらをかくことは、許容範囲内であるといえるでしょう。
たとえば、剣道や弓道ではユニフォームとして道着と袴を着用しますが、あぐらをかくことがふさわしいとされる場面も多くあります。
女性でも足をななめに崩した「女の子座り」を禁じられることがあるので、和装としては問題ない行為であるのです。
しかし、マナーという面からいえば、目上のかたとの会食でははじめからあぐらをかくことはあまりオススメできません。
座敷に通されたらまずは正座で座り、目上の方から「足を崩してください」と言われたら「失礼します」といってお言葉に甘えましょう。
同世代の仲間たちとわいわい食事するぶんには、気をつかわなくともよいでしょう。
女性の場合は、足を崩して座るのが上品にみえていいですね。