卒業式の袴着用での注意点

袴のエチケット

着物や袴のしわを取る方法

着物や袴のしわを取る方法 たたんであった着物や袴をいざ着ようと思って広げたり、帯をほどいた後などに、しわができていることに気付く人も多いでしょう。
これから着物や袴を着ようと思っている時には、しわがあることで、うまく着ることができなかったり、気になってしまうこともあります。
このような時にしわをとる方法としては、スチームアイロンが便利と言えます。
近年ではスチームアイロンもかなり進化して、ハンガーにかけた状態で、アイロンがかけられるものも数多く存在しています。
強力なスチームによって、折り目などを戻すだけでなく、消臭、殺菌作用も期待できます。
着物にアイロンをかけると生地が傷んでしまうのではないかと、怖くて使えない人も多いかもしれませんが、中温温度以下に設定して使用しましょう。
アイロンをかける際には、素材と衣類の流れる方向に対して、アイロンを合わせる形でスチームをあてると、きれいに仕上げることができるでしょう。
高級な着物や袴の場合には、十分に注意するようにしましょう。

袴の正しいたたみ方とは?

着物は種類によってたたみ方が違ってきます。
長襦袢、浴衣等も普通の着物とはたたみ方が異なっています。
卒業シーズンに活躍する袴はひだがたくさんあるので、たたむのが難しく感じます。
ですが基本を抑えれば、思ったより簡単にたたむことが可能です。
まずひだはきれいに揃えておき、後身を下にして畳などの上に寝かせます。
裾から三分の一を内側におり、残る三分の一を折って重ねます。
次に前紐を四つ折りにして交差させておきます。
その交差させたところへ左後ろ紐をくぐらせ、前紐と同じように折り長さを調節します。
右の後ろ紐も交差させたところへかぶせ、くぐらせて右に抜きます。
最後に右の後ろ紐を左の後ろ紐の結び目に通し、結び目を整えると完成です。
解説書などを読んでいると難しそうですが、案外実践していくと流れがつかめ容易にたたむことができます。
袴でも着物でも、着た後のお手入れがとても重要です。
汚れは染み抜きなどで落とし、皺にならないように保管しましょう。