卒業式の袴着用での注意点

袴のエチケット

大学の卒業式に人気の袴

大学の卒業式に人気の袴 大学の卒業式と言えば、卒業生の女子に人気なのは袴です。
袴はどこか懐かしいモダンな雰囲気があり、普段着ることがあまりないせいか女子の憧れでもあります。
そんな袴ですが、今は購入よりもレンタルがお得です。
今のレンタルは種類も豊富です。
綺麗な花柄もあれば、モード系の柄まであります。
最近人気のレトロ調のものもあり、人気のものはすぐに予約がうまってしまうので早めの予約をオススメします。
また、届いても着付けが自分でできないという方が多いでしょう。
しかし、着付けは美容院に依頼すれば心配ありません。
ついでにヘアセットも依頼すればモダンな女子学生スタイルになれます。
ただ、卒業式シーズンは美容院も着付けの予約がいっぱいになるのが必須なので、お気に入りの美容室でしてもらうならコチラも早めの予約をして下さい。
このように早めの準備さえすれば憧れの袴スタイルで卒業式に出席できます。
お得なレンタルと早めの予約で、思い出に残る卒業式にしませんか。

袴の着方について

今回は女性の袴の着方について紹介します。
草履を履く時には足首5cm上くらいの丈、ブーツを履く時にはくるぶしが見えるくらいの丈に着付けます。
まず袴をはき、前ベルト部分を胴に当てます。
帯が少し出るくらいで位置を決めたらピンチでとめ、前紐を後ろにまわし、一文字帯の上で交差させてリボンの下から前に戻します。
前は右側の紐を上にして左側の紐を下から上へと折り上げます。
そして再び後ろに戻し、リボンの下で蝶々結びにします。
ここまでが前紐で、次に後紐です。
後ろの紐の部分をリボンの上にきちんとのせ、緩めずに前に紐を回してきものと同様に重ねます。
重ねた上の紐を先に結んでおいた前紐に下から通し、そのまま蝶々結びをします。
リボンの形を整えて、片方の紐をリボンにくぐらせてひっくり返します。
これで袴の完成です。
袴の着方で紐の締め加減や位置を気にしなくても大丈夫ですが、帯を締める位置を間違えると胸を圧迫して呼吸が苦しくなるので注意が必要です。