卒業式の袴着用での注意点

袴のエチケット

袴を着た卒業式の良さ

袴を着た卒業式の良さ 卒業式には袴を着用する人が本当に増えました。
洋服でしたら黒や紺色のスーツばかりになり、少し沈んだ印象を受けます。
それはそれで厳粛な感じで良いと思いますが、きちんと感にはスーツに負けないくらいの袴が定着するようになって、卒業式も華やぐようになりました。
今は色々な色や刺繍などのデザインが施されものが増え、選んで着る楽しみが一段と増えています。
あまりにたくさんのデザインがあるため、着る人だけでなく、周りで見ている人も本当に楽しめます。
袴はきちんと感はありますが、振袖ほどフォーマルではなく、昔の女学生の制服感を持っているので学校にはぴったりです。
振袖とは違い、裾さばきも楽なので、着物に慣れていない若者にも最適です。
草履でも良いですしブーツでも良いのですから、洋服と似た感覚で過ごせる楽な衣装です。
卒業式は、どこか悲しいようなさびしいようなイメージがありますが、やはりお祝いごとの一つです。
明るく華やかな袴は前向きな印象を周りにも与え、爽やかに清々しく学び舎を巣立って行くのには、良い礼服ではないでしょうか。

袴姿を写真に残す良さ

普段袴を着る機会のある人はほとんどいないでしょう。
そのため袴を履く機会があったらぜひ写真に残す事をおすすめします。
振袖などの着物は、長い人生において意外と出番が出てくるものです。
子供の頃の七五三に始まり、成人式、子供の入学式や卒業式、子供の結婚式など着物を好んで着る人も多いでしょう。
それに引き換え袴はめったに着ることはありません。
なかなか出番の少ないアイテムなのです。
もし着るとしたら大学の卒業式くらいでしょうか。
写真に残しておくとずっと先まで良い記念になります。
着物と違い、出番が少ないからこそ写真として撮っておきましょう。
生涯一度も着る機会がない人も多いので、人に見せるときっと羨ましがられるかもしれませんね。
最近は小学校の卒業式でも袴は一般的になって着ています。
子供が着るとさらに可愛らしいので、きちんとお店で撮ってもらうと良いです。
お気に入りの色や柄を選んで、素敵な姿を残しておきましょう。