卒業式の袴着用での注意点

袴のエチケット

先生の卒業式は袴がおすすめ

先生の卒業式は袴がおすすめ 小学校や中学校、高校の卒業式には、生徒は制服を着て、先生をはじめ教育委員会からの来賓客などの学校関係者は、スーツを着ることが多いですよね。
そのスーツも、グレーや黒や紺の定番のものがほとんどで、礼装なのにちょっと地味な印象があります。
せっかくの教え子の巣立ちの日は、もっと華やかな装いはいかかですか?保護者なら色無地や訪問着の着物を着ますが、先生には袴がおススメです。
袴は日本人の伝統的な礼装のひとつで、華やかでありながらきりっとした印象を与えるため、卒業式の先生の装いにぴったりです。
「卒業式前後は何かと多忙で、とてもじゃないけどレンタル店まで行けないから、無理。
」と思われた方、ご安心ください。
インターネットで、袴や和装小物一式を申し込めるのレンタルサービスの業者があるのです。
お好きな色やサイズを選んで、日時や発送場所を指定すれば、それでOK。
着用後も、業者に発送して返せばいいシステムなので、とっても便利で楽ちんですよ。

卒業式は動きやすい袴がおすすめ

卒業式は動きやすい袴が断然おススメです。
卒業式といえば、友達の最後の別れを交わしたり、ゼミやサークルの飲み会に行ったりと終日忙しいと思いますが、袴だと動きやすいので一日が楽チンです。
着物を着たことのある方なら分かると思いますが、着物を着る時には腰紐を数本、さらに帯を締める際にも何本か紐を使います。
上手な人に着せてもらうと腰紐の数が少なくなりますが、それでもきちんと着るまでに紐は何本も締めなくてはいけません。
ところが、袴を穿くとなると、帯は軽く文庫結びにすれば良いだけなので簡単です。
さらに、袴は長いスカート状ですから、着物の裾がはだけてしまうのを気にしなくて大丈夫です。
下に着る着物の裾を短めにしておくと、トイレも一人で簡単に済ませられます。
足さばきもらくなので、着物だと難しい階段の昇り降りもへっちゃらです。
動いても着崩れしにくい点も着物初心者には助かります。
もちろん静かにしていればおしとやかに見えますから、それも嬉しいポイントです。